自己破産の申告は端的に説明するならば債務返済が不可能になったという決定を与えられた時に借りた人が持つ一切の持ち物(生活に最低限なくてはならないものは所有を保証されている)を失うのですがほぼ一切の借金が取り消しとなるものです。

破産宣告を実行した後に労働の結果手に入れた収入や新規に手に入れた財貨を借金に用いる必要性、義務は一切存在せず破産者の経済的な更生を助けるために整えられた法制となります。

借金弁済におけるトラブルヲ背負う人々が多くの場合持っている悩みの一つとして破産の申立てを実際に行うことに対する不安があるといえるでしょう。

知人・友人に知れ渡ってしまい社会生活に良くない影響を与えるのではなどと思い込んでしまう方々が大変多いのですが実は不安に思わなければいけないような事はあまりないのです。

破産の手続きは多くの債務、自分の手に負えない額の借金によって生活の維持が困難な方を救済することを目指して国会が制定した制度なのです。

自己破産をした人間においてはそれ以降の日常的な生活で著しい障害となるようなことはなるべくないように作成された枠組みと言えるでしょう。

一方で、自己破産というものを行うにあたっては満たしておかなくてはいけない決まりが存在します。

それは何かと言うと負債をどんなに努力しても弁済することが出来ない(返済不能状態)に陥ってしまったという判定です。

債務の大小や申請時の所得を考えて申し立てを行った人が返還が困難であろうというように司法機関から認められたときに自己破産というものを行えるのです。

もし破産希望者の債務総額が100万円の一方で月々の収入が10万円。

この場合には債務の返済が難しく支払い出来ない状態だと裁定され破産をすることが出来るようになると定められています。

一方では職に就いていない事は関係なく、自己破産というものは通常のように給料を得たとしても弁済が著しく困難である状況という前提条件があるため働くことが出来る状況である上に、労働することの出来る状態であるのであれば返済義務のすべてが200万円に届かないならば、破産の申請が受理されないということもあるとされます。