外国為替平衡操作(為替介入)は耳にした事がありますか?日銀が為替の介入をして新聞、雑誌記事、報道番組、ネット等の報道記事でご覧になった方もいるでしょう。PCマックス

為替への介入は我が国においては、・財務大臣が円の相場の沈着を実現するために行なう手段として見なされています。税理士変更 大阪府

簡単に言えば、極度の円高・円安が起こると財務大臣の命令が出ると日本銀行が日本円を取引することで為替相場の安定を狙う、ということです。http://www.paperbackrhino.com/archives/7

為替介入(外国為替平衡操作)はいくつか方法があるのです。

1.単独介入・・・行政機関もしくは日銀が、東京市場の中で直接市場に参加して為替介入(外国為替市場介入)をする。

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが相談したうえ、各々の銀行などがお金を駆使して同時期にあるいは断続的に外国為替平衡操作(為替介入)を行なっていく。

3.委託介入・・・外国の銀行などに為替介入をお願いする。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の通貨当局に成り代わり為替介入(外国為替平衡操作)を実行する。

この通りやり方です。

どの種類の為替介入も一時期、当分為替に大きい影響力を与えると思います。

為替の介入の資金は当たり前のことですが国のプライドをかけて行なうだけにスケールが大きいです。

円ベースで説明すると、いつもは数銭ごとに動いている円相場が数円ずつの変動をします。

個人で投資をしている方であれば過去に体験したことがあると推測できますが、今まで期待通りに利益(もしくは損失)が増加していたポジションをキープしていたところ、そのポジションが決済したという情報がFX業者よりメールが。

いくら儲けが出たのかな(損したのかな)?と思いつつ決済情報を確認すると、自身が想像していたものとは反対の状態になり度肝を抜かれたというパターンがあったのです。

外国為替平衡操作(為替介入)が行われた時によくあることです。

この例のように介入を行うと、為替の傾向と反対の変化をします。

まして変動する金額の幅はものすごく大きく大幅に動くため気をつける必要があります。