換金目的をもって列車等の旅券などを多量に決済してしまう●クレカショッピング枠の現金化を使わずに、利用者自らが換金を目的にしてクレジットカード購入をすることも同じです。現金に変えるということを狙っているクレカショッピングはクレジットのルール違反と見做されてしまうことが理由です。新幹線等の旅券や切手を購入するによるクレジット使用をすると、最悪換金する目的か??などというようにマークされてしまう可能性があるので、十分な注意が大切なのです。さらに、使用時点でキャッシング利用枠の方がいっぱいになってしまっている利用者の場合には、列車等の乗車券を購入しようとするだけでクレジットの会社の確認の電話が来てしまうことがあるため、お金がない時のカード支払いは不可となってしまうと思われます。金銭的に問題のある時において試みることは皆、同じようなものなのだろう。クレジットカードの発行会社にとって問題ある利用の仕方をしてしまう:少し前に流行った『永久機関』というようなクレジットカードの発行会社に対してメリットにならない規約に違反した取引を行った場合、クレジット発行会社から没収になる場合というのも存在します。ネット上に出回っていたカードポイントの不正入手等一般に知れ渡っていない秘密の手段なんていうが存在しても、そういった方法というのはどう考えてもクレジットカードの規約に反することであるわけだから絶対利用しないようにしないほうが懸命でしょう。強制退会となってしまった契約情報については出回る>クレジットを強制没収させられてしまっても、違う会社のクレジットを利用可能んだから、一つであれば大したことないのではないか??という風に考えるあなたは、現在の情報化社会においてはそれが信用を失う危険があります。というのもそもそも失効させられてしまうという事例にはクレジット会社によって見ることが出来る信用情報に強制退会の情報が記載されることであなたの信用はなくなってしまう可能性があるため。保有するただの1枚であるとしてもクレジットカードを強制失効扱いとなった場合、それ以降クレジットカードであっても契約できなくなりますし、ともすると現在有しているカードについても没収となってしまう事態もあるだろう。強制退会されずに引き続き利用できるケースでも有効期限切れの時に更新できなくなることもあり得ます。とにかく何回も言いましたが、強制退会という扱いになるほどの利用はまずなさらないよう規約を守ってカードをご利用頂きたいと思う。