FXビギナーが市場の大切なところを探すためには、初めにトレードを重ねる事が必要です。とりわけ、事前にピンチを回避できるようになるようになるには、間違いを繰り返す事も大事です。ただし、負けたといっても再起できないほど大きな過ちをしてはいけない。取り戻せるほどのケアレスミスを何度か重ねる事が、結果的にあなたのレベルを上げてくれるはずです。この考えではとりあえずは少額でトレードを行ないこれによって何回か取り戻せる間違いをすることをおすすめする。100万円しか資金がない人が、全部使って売り買いすると負けた時取り返せない恐れがあります。それより、資金の10分の1ずつ売買して、そこで売買を経験した方が次第に損を回避する手法なども学んでいくはずです。最初はわずかなお金で取引する事の長所は、先に書いたようにあなたの経験値を高め間違いを回避する技術を身に付けていく事にありますが、一緒に、エントリーの回数を増やすことによって偶然性を減らす事ができるという長所もあります。想定として、エントリーで儲けられる確率が50%とします。ということは、同じく50%の確率で損失を生む危険性もあります。勝率5割ということは。二分の一の比率で利益が上げられる事を意味している。ところが、全財産を注ぎ込んで1度だけのトレードをするということははっきりとした勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。そのままでは1度だけの賭博と同じです。これは、全財産を賭けて1回しかエントリーしないとそれだけでは損失が生じる比率が高まってしまうのである。それだけに、投資資金を1度に全部賭けるのではなく、少額ずつ分けてチャンスを積み重ねる事が危険性を減らす事になります。だからといって数回に分けたとしても、全ての注文で勝利する事は不可欠ではありません。勝利できないのが本当のところです。トレードで必要なのは、いくらプラスに出来るかです。勝率が2分の1でも、たとえ勝率5割以下でも儲かる時は儲かります。それ以上負けても損失がわずかであればわずかな勝利の儲けでかなり利益を上げる事が出来ます。そのために大切な事は損を小さく、利益を大きくを覚えておく事です。損が出たら素早く損失を確定して、それとは反対に稼げる場面では可能な限り大きくプラスにする事が、外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方が外国為替証拠金取引で儲ける極意といえる。