大多数の自動車の保険会社は行き届いているとコマーシャルをしますが、交通事故をした場面で本当にちゃんと対処してくれるか心配です。取り分けて電話で加入できるダイレクト自動車保険と名付けられた実店舗所持していたい自動車の保険会社では直接対応していないという状態も心配の種になってしまうのではないでしょうか。でも、通販型と実際に店を所有している保険屋さんの取り組みに驚くほど大きな相違はございませんし通販型自動車保険のほうが必要経費が減らす事が出来る分保険料が安いので事故を起こさなければ掛金を抑えることが可能です。それなら自動車保険会社によって取扱いに差異があるのかないのかどうかといえば、答えはイエスです。その相違は代理店型自動車保険、ダイレクト型というような区別ではなくそれぞれの自動車保険で事故の取扱いをしてくれる時間や日にちが異なることによります。車の事故はどんな時に起こるか推測できませんので事故の対応は1年中受付してくれるところは欠かす事のできない条件となり、加えて週末や夜間に起こった事故の対応がきちんきちんとしているかを調べてみることをお勧めします。保険によってはいつでも事故受付としていても対応時間が平日と異なっていて短くなっている場合もあったりしますので調査しておくことが重要です。これとは別に万が一に備えて対応拠点も正しく調査しておくことも大事です。どんな保険屋さんでも事故処理拠点が遠くにしかなければ事故の処置がすぐに行えない状況もありますので、家の近くに存在するかを事故の対応の優劣を比較するものさしです。ある程度の大きさの車の保険会社は区間ごとに対応拠点を持っていることが多くございますので必要なときの対応も満足感も高く事故現場でするべき自己対応にもきちんと助言をくれると高く評価されています。