お店でみなの保有カードが使えるわけではない◆クレジットカード会社の加盟店舗は一般的に二、三以上のクレカ運営会社と契約しているわけですが残念ながらどれものお店でどれものブランドの使用できるわけではありません。一例をあげると昔からある加盟店舗の際だとJCBの印の付いているそのクレジットカードしか使用できない状況もあるし最近できた契約店舗の場合VISAやマスターカードといった印のクレカのみしか使えないときもあるものです。銀聯カードのようなクレカ会社ならば、よけいに決済不可な場所が増えるのではないでしょうか。どのマークの所有カードが決済できるかをいかにして見たら良いのか「ならばどのようにして何のブランドのクレカが使用可能かというのを判断したら良いか?」という質問だけど、正確に理解するのにはショップの従業員に聞いてみるのみ、というのが実はその答えです。とはいってもおおよその商店やホテルには店舗前のエントランスのところに使えるクレジットカードのサインが入っている加盟シールがある理由から「へーあの店はダイナースカードが決済可能なんだ」という感じで分かりやすいようになっているため記憶にとどめておいていただけると思います。というものの、しっかりと契約管理が出来ていない加盟店で使用する際にはロゴステッカーが貼られている場合でも「うちではお客様のカードはお受けいたしかねます」といったような対応をされるケースもあるので途方に暮れてしまうこともなくもないです。余裕があれば可能な限りは十分な数の加盟店舗でクレカが切れるようにするためにも異種のマーク(海外ブランド)がプリントされた一般的なVISAカード、MasterCard、ダイナースカード、というようなクレカを複数携帯するようにしたほうがいいでしょう(例えば:JCBをいつも使っているならもう一枚はアメックス付きのクレカを持つ等)。もっぱら日本においては、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのカード会社が書いてあるクレジットカードをいつも携帯しておけばおおむね全国の加盟店で3枚のうちどれかのクレカを決済するよう準備できていることになります。クレカを使用して効率的にポイント取得を目指すならば上記のカードを作っておいてほしいとおもいます。