商店でいずれもの保有カードが使えるのでもない■カード会社の加盟店は多くは、多くのクレジットカードブランドとライセンスを結んでいるんですが残念なことに一切の店舗でどれもの使用可能なわけでもありません。一例をあげれば昔からあるショップのときはJCBロゴの付いているクレカしか使用できないときもありますし、最近できた加盟店舗ならばビザとかマスター名前の入っているクレカのみしか切れないときもあるでしょう。ディスカバーなどのクレジットカード会社なら、増して決済不可なお店が増えるのではないでしょうか。どの所有クレカが切れるかをいかにして確かめたらいいの?「ならばどうやってどのような所有クレカが使えるか見たらいいものか?」といってはみたものの、確実に判断するには商店の人に確認してみる以外ないていうのが正直なところ正解。とはいってもほとんどの売り場やレストランにはその入口のスペースに使用可能なカード会社のロゴが入っている認証マークが掲載されている理由から「なるほど、ここのレストランではアメックスが使えるのね」という感じに迷わないようにされてるので留意しておいてもらえると思います。しっかり管理が出来ていない加入店で使うときにはマークが貼り付けられているお店でも「今はご使用のクレジットカードはご決済いただけません」みたいな答えを受ける状況もないといえなくもなく、冷や汗をかいてしまうこともなくもないです。可能な限り全部の加入店舗で有効であるようにする目的で、異種のグループ(国際マーク)がある一般的なVASA、MasterCard、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、などのクレジットカードを複数持つようにするとよいと思います(例として:UCカードを持っているなら二枚目はアメリカンエキスプレスカード契約のクレカを持つとする等)。もっぱら国内では、VISA、MasterCard、JCBカードの3つの印が書いてあるクレカを常に持っておけばだいたい100%の加入店舗でどれかしらのクレカを提示するよう準備万端というわけです。クレジットカードを使用して有効的にカードライフを目指すならば、できる限り早めに別々のカードを財布に忍ばせておいていただきたいと思います。